スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コミ!

どうもこんばんは。
半年ぶりの更新です。勇魚です。

ここ最近多忙で、すっかり更新をサボってました。
たぶん今後もサボり続けるので宜しくお願いします。

■というわけでコミケ

夏コミは落選しましたが、ブログ「あばれ娘の野望」を運営しているKANさんのサークル「クレイモアー」で委託させて頂くことになりました。
というか私もいるかもしれません。

120807.jpg
というか絶対居るだろ自分。

今回は、前々から告知させて頂いていた新刊「未来へ向かって!2」の頒布をさせて頂きます。



今回の見所は、本来「PSシリーズオールジャンル」だったはずですが完全にPSO2オンリー本です。予定調和です。
そんなわけで、寄稿頂いた皆さんの紹介をさせてください。
ちなみに掲載順です。

・ヒツジさん(ぐうたらメリーさん
未来へ向かって2コメントカット_ヒツジ
前回に引き続き寄稿頂きました。
入稿の速さは(前回に引き続き)最速!
今回も誰しも分かるあるある漫画を提供頂いています。

・Tet1さん(pixiv
追加原稿_20120713_02
ステキ絵師さま登場です。
3ページに渡る素晴らしいイラストを寄稿頂きました。

・リブラさん(インディゴ
atogaki-のコピー
さらにステキ絵師さま降臨です。
PSO2で使う予定のキャラクターのイラストを寄稿頂きました。

・真夏さん(pixiv
カット用
前回冬コミでお隣同士だったご縁で寄稿頂きました。
キャストを愛してやまないというか愛しすぎて素晴らしい漫画を寄稿頂いています。

・KANさん(あばれ娘の野望
あとがき用
ビス子といえばKANさん。身の丈を超える大剣を振り回すといえば、狂戦士ガッ○かアキちゃんの二択です。
今回は本の委託もお願いしています。

・あさとさん(人生迷宮
asato_cut.jpg
前回に引き続き寄稿頂きました。
前回のストーリーものとは変わって、今回は4コマ。面白いですよ。

・みやま景介さん(ゲィム−フラックス
PS2_GF_dtn_myprf.jpg
小説ファンタシースター EP1 〜還らざる半世紀の終りに〜」ではメァル姫の創造者。
小説ファンタシースター EP2 〜こちらグラール学園!〜」ではカットイラストを担当して頂いている、みやまさんです。
忙しい中、あのエピソードを膨らませたストーリーを寄稿頂きました。

それでは、夏コミで皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
8/10(金)西館”そ”ブロック02b「クレイモアー」


どうか宜しくお願いします!
スポンサーサイト

にほんブログ村 小説ブグ村 小説ブログ 長編小説へ   PSU・ブログ PSP2・ブログ Twitterでつぶやく 
ブログランキングに参加中!
気に入って頂けたら、ぽちっとしてもらえれば幸いです。

記事のテーマ:ファンタシースターオンライン2 記事のジャンル:オンラインゲーム

冬コミでした明けました

こんばんは、勇魚です。

さてさて、明けましておめでとうございます。
本年度も宜しくお願いします。

というわけで今回は冬コミのレポートなわけですが、
実は当日、私は参加できなかったのですね。

そんなわけで、スペースをお願いしたスタッフさんから頂いた写真を紹介します。

AhyovWdCMAAkKL0.jpg

スペースこんな感じでした。
「cafe六月館」のコノギさんが作られたパノンヌイミが定番となりつつあります。
並べるものがあまりないので毎回助かってます。


AhzlhHXCIAEfTQj.jpg

途中から、デスレインがきました。
これも最近のうちのスペースの定番です。
並べるものがあまりな(以下略
やはり立体物の破壊力はハンパねえっす。

今回は久々の新刊を頒布させて頂きましたが、そこそこ反響があったらしく、スタッフ一同嬉しく思ってます。
(在庫はまだありますので、興味のある方はtwitterなどで気軽に声をかけてもらえればと思います)
夏コミに向けて、またこういう企画やりたいなあ。
最近毎回言ってる気がするけど!

こういうのを見てると、やっぱり参加したかったな~と思うので、次回は頑張って参加しよう!
それでは皆さん、コミケお疲れ様でしたー!


おまけ後日談:
スペースをお願いしたスタッフの一人が、当日の参加者から「勇魚さんは来てないんですか?」と聞かれたらしく、「勇魚さんって有名なの?」って聞いてきたので、「そういう時は、もう亡くなられた方ですけどね、と答えてください」と指導しておきました。

……ていうか「有名なの?」って質問ってなんかおかしくない?w

にほんブログ村 小説ブグ村 小説ブログ 長編小説へ   PSU・ブログ PSP2・ブログ Twitterでつぶやく 
ブログランキングに参加中!
気に入って頂けたら、ぽちっとしてもらえれば幸いです。

記事のテーマ:ファンタシースターユニバース 記事のジャンル:オンラインゲーム

PSOBB終了

どうもこんばんは、前回更新から気づけば一ヶ月経っていた勇魚です。かろうじて生きてはいます。

まあタイトルでもお分かりのように!
今回はPSUの話題はしません(※いつもです)。

久々のラグオル!

サービス終了が決まったのは知っていたんだけど、何やら忙しく終了1時間ちょっと前にクライアントをインストールしなおしてインする始末。

夏休みの宿題は、毎回前日にやる子でした。

pso1293460719.jpg

とりあえずいろいろ挨拶を済ませてから、友達の所属するチーム「リトルマーメイド」のホームにお邪魔することに。
チームポイントで毎回上位のチームなので、知らない人はモグリというほど有名なチームさんなのですが、友達が所属している関係もあり、昔よく遊んでもらっていたので、そちらへ移動。

着いてすぐ、テロップが流れだす……それがとても悲しい内容で。

pso1293461751.jpg
pso1293461772.jpg
pso1293461776.jpg
pso1293461821.jpg
pso1293461842.jpg

忘れるわけないじゃねえかよ!!

何度年越したと思ってんだ!!←

pso1293461849.jpg

そして、みんなひと通りの挨拶を済ませ……

SSをある程度撮影してから、ブログにアップするからそこからダウンロードしてね、と伝えようと……

pso1293461978.jpg

……したらこの有様でした。

pso1293462010.jpg

俺ってやつは……orz


まあとにかく……

ありがとうラグオル!

一生忘れない。


明日、DCかGC買いに行こうかな……←

[追記]
リトルマーメイドのりある♪さんがこの時の状況を動画でアップしてくださっています。
よろしければご覧になってください!
http://ameblo.jp/rea1fanta/entry-10750108962.html

にほんブログ村 小説ブグ村 小説ブログ 長編小説へ   PSU・ブログ PSP2・ブログ Twitterでつぶやく 
ブログランキングに参加中!
気に入って頂けたら、ぽちっとしてもらえれば幸いです。

記事のテーマ:ファンタシースターポータブル2 記事のジャンル:ゲーム

かなり今更な夏コミレポート

こんばんは、勇魚です。

さて、今年も夏コミに参加させて頂きました。

レポート遅いとか、それよりTGSのレポート書けとか、そんなツッコミは受け付けてません←

続きを読む......

にほんブログ村 小説ブグ村 小説ブログ 長編小説へ   PSU・ブログ PSP2・ブログ Twitterでつぶやく 
ブログランキングに参加中!
気に入って頂けたら、ぽちっとしてもらえれば幸いです。

記事のテーマ:ファンタシースターユニバース 記事のジャンル:オンラインゲーム

コイバナ始めました。

はい、今回はPSUとは関係ない話題です。
wikiから来た人ごめんなさい!
こんなところにケーキ屋があってごめんなさい!←

そんなわけで、今日は新しく立ち上げた作品公開用ブログのお話です。


さて、少し前から立ち上げていたのですが、いろいろと準備が整ったのでオフィシャルにします。
短編小説のブログを立ち上げさせて頂きました~。


恋、していますか?
「ふとした些細な出来事で、"恋"に変わる瞬間」
そんな瞬間を描いた短編を不定期に更新しています。


「初恋未満。」

というわけで、恋の瞬間を描いた短編小説ブログです。

こちらは「還らざる~」とは幾分趣向が変わっていまして、舞台は現代、登場人物はフォトンもテクニックも関係ない一般人。
そんな普通の人達が「恋」に変わる瞬間を描いた短編集。


初恋未満、恋人未満が本当の恋へと変わってゆく瞬間。
お楽しみ頂ければ幸いです。


twitter公式アカウント:
@hatukoi_miman


よく「キャラ違くね?」ってツッコまれるし実際そうですが気にしないでください←

あ、「書いてもいいよ~」って方も募集してますので、興味があればコメントなどでご連絡お願いしますね。
俺も月に一本ぐらいしか書けてないから!←

にほんブログ村 小説ブグ村 小説ブログ 長編小説へ   PSU・ブログ PSP2・ブログ Twitterでつぶやく 
ブログランキングに参加中!
気に入って頂けたら、ぽちっとしてもらえれば幸いです。

記事のテーマ:自作恋愛連載小説 記事のジャンル:小説・文学

映画の話

どうも、世界で一番コメントのつかないブログの管理者・勇魚です。

さて、MAXもとっくに折り返しを過ぎた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
俺はちまちまですが一日一周は最低回ってる感じです。
ここ最近で一番ゲームしてる気がする。


さて、今日は5/1の映画の日に、まとめて見てきた映画の話を。

ほんとは午前から「トライガン」見ようと思って、時間10分前に行ったら100人ぐらい並んでて、二つ先の上映まで埋まってるような状況でした。
すいませんGWのスイーツ(笑)の群れを本気でナメてました←


■第9地区

・あらすじ

南アフリカに、突如現れたエイリアンの宇宙船。
ところが、中にいたのは身体・精神共に疲れきったエイリアンの難民たちだったのだ……。
政府は彼らの居住区として「第9地区」を用意。
すぐに第9地区はスラムとして荒れていった。
地球人たちはエイリアンを"エビ"と称して蔑んでいる。

街の安全を守るため、エイリアンを街から離れた第10地区に移動させるため、管理会社MNUが動き出す。
彼ら一人一人に合意のサインをもらわなくてはいけないのだ。
そんな中、MNUエイリアン課のヴィカスは、エイリアン化するウイルスに感染してしまう……。

・感想

ジャンルはSFだけど、エイリアンと人間の抗争は人種差別問題をメタファー化したもの。
監督も撮影も南アフリカである。アパルトヘイトに関して今更説明なんてしないぞ。
その視点で見ると非常に複雑で、人権無視で殺害されるエイリアンに対していろいろと考える気持ちが生まれる。

この作品にヒーローはいない。
みんな自分の欲求のみで動いている。

ヴィカスは元の体に戻り愛する妻のもとへ帰るため。
MNUの傭兵はエイリアン殺しを楽しむため。
マフィアはエイリアンの体を得るため。
MNUはヴィカスを検体として捕獲するため。
エイリアンはいつか母星に帰るため。

アクションはそれほど派手ではないし、どんどん追い詰められていくヴィカスを中心に進められるストーリーは精神的に結構追い詰められる。
ちょいちょい残虐なシーンも入る(※ホラーに免疫の無い俺基準)。

そんな中、ヴィカスはどうなっていくのか――?

という感じでサスペンス的に楽しめる本作なのでした。
ラストシーンは悲しい結末が待っているのだけど、切なくて救われます。


余談ですが、制作には「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンが名を連ねてます。

・個人的おすすめ度
★★★★☆ ぶっちゃけSFじゃないから、そのつもりで見てね。

・予告編



「劇場版 文学少女」

・あらすじ

木蓮の木の下で出会った文芸部部長の天野遠子は、水や食べ物の代わりに小説を食べる。
そんな彼女に彼女のおやつを書くために強引に入部させられた井上心葉。

そんな中、文芸部の悩み相談箱に入れられた謎のらくがき。
その犯人を追うために動き出す遠子と心葉。
そんな二人の前に現れる、心葉が文章を書くきっかけとなった幼馴染・美羽。

心葉の親友・芥川やクラスメイト琴吹に支えながら、二人は事件を追うのだが……。

・感想

原作はライト・ライトミステリノベルとでも題すれば良いのだろうか、赤川次郎ミステリを相当薄めたような感じ。
様々な事件に遠子が首をつっこみ、心葉がそれにひきづられるというのがお約束。
面白味としてはほとんどの登場人物が過去の事件で暗い過去を持っていて、遠子を除き全員がその事件が原因で遠子や心葉と知り合ったという経緯アリ(サブキャラもほぼ全員)。

心葉も例外ではなく、過去に小説家を目指す幼馴染、美羽と共に小説賞に応募し、自分だけが賞を取り覆面作家としてデビュー、それに心を痛めた美羽が目の前で屋上から飛び降りたという過去がある。

そこへ美羽がまた現れちゃったからもう大変。
中盤からずっとヤンデレな美羽の相手をしつつ、最後は遠子先輩エンドへ目指してまっしぐら。

……なにそれ? ←原作を知っているとそう思う

「原作ファンに、その魅力を映像化して伝える」という意味ではちょっとどうかと。
いやいや、小説と映画は表現手法が違う、という部分を差し引いてもさ、モアベターあったでしょ?
つかメインヒロインのはずの遠子の出番が。原作ではちょいちょい動いてる姫倉の出番も。
ラストはなんか勢いで誤魔化してないですかコレ。
知らない人に訴えかけるにはちょうど良い作品ではあったけど、原作を知っている人には薦められない感じかなー。

って、よくよくパンフ見たら、遠子・美羽・琴吹の3キャラで今後キャラクター展開をするようで、その所為か……という辺りで納得した。
お願いだから、俺にこれ以上ジャパニーズアニメーションを嫌いにさせないで。

いやまあ、グッズはちょいちょい買ってしまいましたけど←
多分DVDも買うだろうけど←

・個人的おすすめ度
★★★☆☆ 原作を知らない人にはおすすめ。知ってる人はご一考を。

・予告編



「アリスインワンダーランド」

・あらすじ

今更説明いる? とか思いつつも一応。

19歳の少女アリスは、不思議な白うさぎを追って大穴へと転落。
アンダーランド(=ワンダーランド)へと落ちてしまう。

アンダーランドは独裁者である赤の女王が支配し、その支配を断ち切るための救世主を求めていた。
預言書によると、"来るべき「フラスブジャスの日」に、金髪の戦士がヴォーパルの剣で怪物ジャバウォッキーを倒す"というもので、そこに書かれる戦士は、明らかにアリスそのものだったのだ……。

・感想

「不思議の国のアリス」の後日談。
アリスは幼い頃に行ったワンダーランドに、再度行くこととなった、という話。

フルCG、3Dなのでビジュアルについてはもう言うまでもなく、是非劇場で見てください。家庭では楽しめませんぜ。

まあ、ティム・バートン×ジョニー・デップなのでもう細かい話はどうでもいいと思います←

コメディありブラックユーモアあり、盛りだくさんなワンダーランド。
細かいことは抜きにして楽しんでください。

感想が短いのは途中寝てしまったからとかではないです←


・個人的おすすめ度
★★★★★ 四の五の言わずにとりあえず見てみなされ。

・予告編



本当はこの後に「のだめ」見るつもりだったんですが、文学少女の立ち見が効いたのが疲れてたので諦めました。

にほんブログ村 小説ブグ村 小説ブログ 長編小説へ   PSU・ブログ PSP2・ブログ Twitterでつぶやく 
ブログランキングに参加中!
気に入って頂けたら、ぽちっとしてもらえれば幸いです。

記事のテーマ:見た映画の感想 記事のジャンル:映画

映画を見てきた

こんばんは、勇魚です。
毎月一日は映画の日、ってことで映画を見てきました。

「ラブリーボーン」

"私は、スージー・サーモン。
お魚みたいな名前でしょ?
1973年12月6日。

私は14歳で殺された――。
 
これは、私が天国に行ってからのお話。"


(解説)

監督は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンで、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグというとってもゴージャスな感じ。

話はスージーが死んでから、「天国と現生の間の世界」から崩壊しかける家族、片思いの先輩、スージーを殺した犯人、スージーの姿を感じることができるクラスメイトなど様々な視点からの思惑と行動が交錯して進められてゆく。

スージー自身は様々な事件――犯人によって殺された他の被害者を知ることなどを通じて精神的に成長し、最終的には「自分の死」、すなわち「自分が存在しない世界」を認めることで天国へと向かうこととなり、話は結末を迎える。

(感想)

……感動ものじゃないと思います。

例のごとく事前プロモーションは的外れすぎ。
「スピリチュアルなテイストで描かれたサスペンスホラー」とでも形容した方がしっくりくるかな、と思った。
ピーター・ジャクソン自身も「これはスリラーだ」ってパンフで言っちゃってるし。
だから映画業界のプロモーション担当、真面目に仕事しろと小一時間(ry

泣ける所といえばスージーが死んだ直後に混乱する家族の様子とか、最後のスージーの奇跡がひとつだけ叶った時ぐらいしか無いかと。
俺は、父親がスージーと一緒に作った瓶入りの模型船を泣きながら壊すシーンでぼろぼろ来ました。
ラストシーンは犯人の動向の方が気になって感動できず。

なんか、期待してなかったけど面白かったかな。
中心に少女の成長を据え(←こういうのほんと好きだよね俺)、家族崩壊のドラマ、猟奇殺人というホラー、様々な愛の形など、とにかくいろいろな立場からのいろいろな思惑が交差している。
それでいてきっちり2時間強に収めているのは好感触。

圧巻なのが「天国と現生の間の世界」のビジュアルで、とてもファンタジックな世界――どこまでも広がる小麦畑、海に浮かぶ瓶入りの模型船など、現実ではない世界が広がっている(制作は「ロード・オブ・ザ・リング」「アバター」などで有名なスタジオが担当)。
これは是非スクリーンで見てほしい。
面白いのがその世界に存在するオブジェで、世界はあくまでスージーの記憶が創造したものなので話に使われたアイテムがメタファーとして世界を構築している。雪山のペンギンは子供の頃から家にあったおもちゃだったり、トウモロコシ畑は小麦畑になっていたり。

あと、劇中に登場するメタファーの使い方が精神的な恐怖を無意識に煽るようです。
俺は見ている途中に理由なく恐怖感を覚えたりしてたんですが(←ホラーがダメ)、いろいろな感想を見ていると似た意見があったので、ホラー弱い人は見ない方がいいかも。
感受性の高い人や子供は精神的に強い圧迫感を覚えるかもしれません。

……要するに俺が子供なの?

(個人的なおすすめ度)
★★★★★ ファンタジーなビジュアルは絶対に劇場で見るべし。

(公式サイト)
http://www.lovelyb.jp/

(予告編)




「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

"17歳のパーシー・ジャクソンは難読症に悩むごく普通の青年。
しかし彼には水を自在に操れる能力が備わっていた!"


(解説)
「ハリー・ポッター」シリーズの1、2作目を担当したクリス・コロンバス監督が描く壮大な神話ファンタジー。

パーシーは海の神ポセイドンと人間の間に生まれたデミゴッド(半神半人)。
デミゴッドの訓練所に送られた彼は全能の神ゼウスの最強の武器、"ゼウスの稲妻"を盗んだという疑いをかけられてしまい、それを取り戻し母親を救うために戦う!

(感想)

一言でまとめると、

「オッス、俺パーシー・ジャクソン!
父親がポセイドンの上に若くてイケメンだぜ!

ちょww 稲妻盗んだの俺じゃねえよwww
しょーがないから、母さん助けにアメリカを車で横断してくるwww
美女とムードメーカーの三人で冥界とか神界とか行ってヒャッホウ!

あれ、なんか世界救えてね?」

……な感じ?

「X-MEN」的なノリを期待して行ったけどあれほど深くはなく、
かといって子供向けと言うほどヒーロー性もなく、
男性に勧められるほどの官能さもなく、
女性に勧められるほどの感動ものでもなく。
とにかく普通。
全編通して普通。
ストーリーも普通。
アクションも普通。

あ、メデューサ役のユマ・サーマンかっこよかったー(「キル・ビル」以降お気に入り)。
ギリシャ神話の登場人物を現代風にアレンジするとこうなるんだ、かっこいいなー。

……なんか話すことあんまないです。
別につまらなかったわけでもないんだけどなあ。

あんまり真面目に考えず、軽く見に行くといいんだと思う。
好きな異性を誘う材料にでもするといいでしょう、これを嫌う人もそうおらんだろうから。

……とりあえず、イケメンでなくて父親が電気技師な俺はどうしたらいいんすかね?

(個人的なおすすめ度)
★★★★☆ とりあえず話題作ではあるので、そういう意味で見ておいた方が。

(公式サイト)
http://movies.foxjapan.com/percy/

(予告編)





次は「アリス・イン・ワンダーランド」「SとM 劇場版」「ダレン・シャン」「第9地区」あたりが気になるところ。

次点として「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」「劇場版TRIGUN(トライガン)-Badlands Rumble-」あたりも抑えておきたいかなー。

ネタで「ニンジャ・アサシン」「TEKKEN-鉄拳-」。

怖いもの見たさで「隣の家の少女」(精神的に耐えられる気がしないが)。

にほんブログ村 小説ブグ村 小説ブログ 長編小説へ   PSU・ブログ PSP2・ブログ Twitterでつぶやく 
ブログランキングに参加中!
気に入って頂けたら、ぽちっとしてもらえれば幸いです。

記事のテーマ:見た映画の感想 記事のジャンル:映画

プロフィール

isanaradio

[isanaradio]
イサナラヂオにて連載中の長編小説、小説・ファンタシースターユニバース「EPISODE1 還らざる半世紀の終りに」「EPISODE2 こちらグラール学園!」の執筆者・勇魚とかが忘れた頃に更新するブログです。現在は「EPISODE3 時の継承者」準備中。
ちなみに「コルトバンスーツ」は小説のネタから生まれました。
twitter:
http://twitter.com/isanaradio/
PIXIV:
http://www.pixiv.net/member.php?id=143011

Twitter...

Twitter Reload

こちグラ人気投票ですっ
※一度でも投票すると、票数を見れるようになります。12時間に1回投票できます!
PSU関連

EP1人気投票
※一度でも投票すると、票数を見れるようになります。12時間に1回投票できます!
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。